2017年05月17日

2017第11回東京蚤の市イラストレポ♪レミースのアクセサリーパーツが素敵


蚤の市.jpg

蚤の市2.jpg


お久しぶりです。つるです^^
いかがお過ごしですか?

つるはGWの疲れかなんだかだらりんとした日々です。



<スポンサーリンク>


東京蚤の市.jpg


5月14日、日曜日。つると母は調布市の多摩川の
第11回東京蚤の市に行ってまいりました!


「蚤の市」とは古物市、フリーマーケットのこと。
日本全国から古道具店や雑貨屋さん、古書店などが集結します。

その数なんと300店舗近く!
色々なお店の商品が見られるなんてとても楽しみです♪


蚤の市チケット.jpg


こちら入場券。1人500円でした。
イラストが可愛いです。マップにはお店がずらり。


蚤の市中.jpg


早速中に入ると・・・
人がすごい・・・!

前日が雨天決行だったので、この日に人が多い覚悟はしていたのですがそれにしてもすごいです。
雑貨好きっていっぱいいるんですねえ。


蚤の市くま.jpg


きゃ~!つる好みのシャビーな雑貨がいっぱいです!
つるばりにシャビーなくまさんですね。


蚤の市キャニスター.jpg


探していた砂糖&塩入れもありました。

でも・・・なかなかいいお値段です。
こちらの値段は覚えていませんがつるの予想を軽く超えるお値段でした。


蚤の市協会の椅子.jpg


こちらはチャーチルチェア

この日一番買おうか悩んだ商品です。
外国の教会で実際に使われていた椅子みたいです。
なんだか神聖なかんじがしますね

1万数千円でした。通る人が結構見ていました~


蚤の市キリスト.jpg


このマリア様や天使の置物もいいですね~

つるは幼稚園、中高とキリスト教の学校で教会にも通っていたので、クリスチャンというわけではないのですがキリスト教関連の物はなんだか落ち着くんですよね・・・


蚤の市猫2.jpg

蚤の市ねこ.jpg


味のある猫の置物が並んでいます。
とぼけた顔が可愛いですね。


蚤の市飾り棚.jpg


飾り棚が素敵!このお店かなりつる好みでした
(しかし手が届くお値段ではなかった・・・


蚤の市シャビー.jpg

蚤の市皿.jpg


こちらも同じお店かな?
なんせ色々なお店が所狭しと並んでいたので店名を確認するのも難しかったです。お役に立てずごめんなさい><


蚤の市ミルクポット.jpg


ミルクを入れる用の食器です。かわいいですね~♡


蚤の市トランク.jpg


トランク素敵です。
この大きさだと子供のベンチになりますね。


蚤の市競輪.jpg


ちょっと休憩~会場のオーヴァル京王閣は競輪場なんですね。


蚤の市パーツ.jpg


ヴィンテージのアクセサリーパーツ
が売られている「レミース」さんです。

アクセサリーの台座とパーツが売られていて自分で好きなようにアクセサリーが作れます。

蚤の市ヴィンテージアクセサリー2.jpg

蚤の市ヴィンテージアクセサリー.jpg


西ドイツのヴィンテージパーツ。
すっごく綺麗です
光物好きにはたまらない!

買おうか迷ったんですけど一つ6200円であきらめました・・・

レミースさんのパーツがすごくきれいだったので家に帰ってからネットで注文^^

上の大きいパーツは売り切れだったのですが他にもいろいろあったので好きなパーツを選びました
ネックレス作ろ~


蚤の市電球.jpg


ランプマーケットに以前紹介した「オルネ ド フォイユ」さんが出店していました~

エジソンバルブがいっぱいでしたよ


蚤の市ドライフラワー.jpg


ドライフラワーのお店も。
ふわふわしているのはスモークツリーというそうです。
(母に教えてもらいました)

シャビーシックな雑貨と合うんですよね~

でも、もはや歩き疲れて買い物どころでは無かったので買いませんでした。



結局なにも買わずに会場を後にしたつる親子でした。
正直人が多すぎてゆっくり買い物をするのは難しかったです。

蚤の市はいいなと思ったお店をチェックして、帰ってからネットで買ったり、店舗に買いに行くのがいいのかなと思いました。

アンティークだけでなく、北欧雑貨から昭和レトロなお店までジャンルも色々なのでインテリア&雑貨好きならすごく楽しめると思います


ちなみにつる親子は人混みが得意でないので、14時頃には退散して家でコンビニ弁当を食べました笑

食べ物のお店も人がすごかったので何も食べられない覚悟で行った方がいいかもしれません。

しかしながらとても楽しかったので来年もまた行きたいです。


ではではまたお会いしましょう~

つる

スポンサーリンク


posted by つる at 11:53| Comment(0) | 家族と>東京蚤の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください