2017年08月20日

「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」【感想】


リビエラ のコピー.jpg


おはようございますつるです^^

昨日の夕飯はにゃそ吉くん(夫)と色んな種類のおにぎりを作っておにぎりパーティーでした。

唐揚げマヨに明太子梅干し、しそわかめ・・・野菜たっぷりのみそ汁にきゅうりスティックや長いものステーキを添えて

質素だけど野菜いっぱいで心も体も満たされた夕飯でした

・・・実は昨日映画「かもめ食堂」を観ましておにぎりが美味しそうで、このような夕飯に


それなのに違う映画を紹介するという謎の流れです(かもめの紹介は別の機会に・・・)


今回はつるの大好きな映画
「劇場版ムーミン南の海で楽しいバカンス」をご紹介しようと思います♪


<スポンサーリンク>



リビエラ.jpg


大好きすぎてブルーレイを購入してしまいました。

めったにDVDやBDは買わないのですがどうしても手元に置きたい時は買う派です。


リビエラ2.jpg


裏面はこんな感じ。パッケージもかわいくてインテリアにしています♡


〇「劇場版ムーミン南の海で楽しいバカンス」概要とストーリー


2015年(平成27年)2月13日に公開。製作国はフィンランド・フランス。トーベ・ヤンソン(ムーミンの作者)生誕100周年を記念し、初めて母国フィンランドで製作された長編アニメーション作品だそうです。

吹き替えは1990年テレビ東京で放送された『楽しいムーミン一家』の出演者が担当しています。

ストーリーは・・・

ムーミン谷から船を出し南のリゾートリビエラを訪れたムーミン一家が、バカンスを楽しみつつも騒動を巻き起こすお話です。

ムーミン一家は貴族の「ド・ムーミン家」を名乗り、リビエラの高級ホテルに泊まります。(もちろんお金ない)リゾートでの贅沢な暮らしを満喫するパパとフローレンに対して、居心地の悪いムーミンとママ。

やがてムーミン一家の心はバラバラに・・・!?

そしてホテル代はどうするの・・・!?


〇感想


私は初めに映画館でこの映画を観たのですが、初めの感想は「面白い・・・かな?」という感じでした。というのも、かなりまったりした映画なので途中寝そうになったのです(観客の中には寝ている人も)

そんなわけで「ファンだから観れた映画かな」とまで思っていたのですが、時間が経つと「なんかまた観たいかも」という気持ちに・・・。

その後TSUTAYAでレンタルすること数回、「これはもう買っていいだろう!」と思い購入に至りました。

この映画中毒性があります。

まったりとしたストーリーにリゾート感あふれる音楽と映像美・・・観ているだけで癒されて、この空気にまた浸りたいと思わせます。一見ゆるゆるした話ですがメッセージ性もあり、ここはこういうことが言いたいのかなと思わせるムーミンらしい作りこみもしっかりあります。

これは子供も楽しめるかもしれませんが大人向けの作品だと思います。

見方によっては相当非常識なムーミン一家。悪意なく周りを振り回し大事になったところで颯爽と去る・・・
そのマイペースな感じがとてもシュールで笑えます。

私はパソコンで作業する時などにBGMのように流しています。何度観ても飽きることがない名作です。

気になる方はぜひ観てみてください^^リゾート気分が味わえますよ~


〇見どころ①フローレンのかわいさ


個人的な一番の見どころはフローレンのかわいさです

つるはムーミンのキャラの中でも特にフローレンが気に入っています。

夢見がちでわがままでお姫様体質・・・性格的にはクレヨンしんちゃんのネネちゃんにちょっと似ているかと思います笑

リゾートの地リビエラでかわいい水着やお洋服にうっとりし、人気女優に興奮したりプレイボーイと遊んだり
カジノで一発当てたり・・・

はちゃめちゃですが生き生きと動くフローレンを見ていると元気をもらえます

この映画では貴重なビキニ姿もお披露目していますよ!笑

(そしてムーミンの迷言「ダメだよフローレン何も着ていないみたいじゃないか!」の誕生です)

フローレンは自分にすごく自信があって実際けっこうモテてます(見た目かばさんなのに・・・)

でも観ているとそれも納得のかわいさなんですよね

自信があって男の人からちやほやされるのが当然と思っていて、リビエラの女性からは若干馬鹿にされる描写もありますが本人は意にも介しません。

人は人、自分は自分という強さを持っています(鈍さかもしれませんが)そういうポジティブさがすごくいいなあと思います


〇見どころ②配色やデザインがおしゃれ


もうひとつの個人的見どころは映像のおしゃれさです。

キャラクターデザインや風景など日本で放映されてたアニメよりも、原作の絵に近いなと思います。

色使いがとても特徴的で大人っぽい配色が素敵です。

リビエラの街並みや高級ホテルの内装、キャラクターの服やサブキャラクターまで、洗練されたデザインにうっとりします


観ているだけで目の保養になる映画です




・・・こんな感じで「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」をご紹介しました。

良さが少しでも伝わりましたら幸いです

今回初めて映画をご紹介しましたが他にもおすすめのものがたくさんあるので随時ご紹介できたらと思います♪


ではでは楽しい週末をお過ごしください

つるでした~


つる

タグ:ムーミン

スポンサーリンク


【関連する記事】
posted by つる at 08:10| Comment(0) | 暮らし>映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください